保険料見直し

保険料見直し

払いすぎてたら、どうするぅ?

まじすか通販 > 保険料見直し

保険料 払い過ぎ

あなたの保険、自分のライフスタイルに合っていますか?

 

何かあった時の保障のための契約って、なんとなくしてますよね。大学のときに親がかけてくれたものをそのまま、とか、就職した時のままずっと、とか。内容は素人が見ても分かりにくため、普通の人はいったん入ったら調整など考えずに支払い続けているものです。

でも、もし、これが払い過ぎだったら?

 

37歳~42歳は、マネープランにおける人生の折り返し地点。

子供の教育費が家計の多くを占める頃でもあり、またリタイア後のための貯蓄も気になるところ。

お金のことを見直してみるのにちょうどよい時期と言えるでしょう。

支払う料金は保障内容の手厚さと比例します。40才前後になると「必要な保障」がある程度見えてくるので、まずはその見直しをし、保障額が適切か、安価かどうかをしっかりと考えることが大切です。

一例をあげれば、死亡保障の適正額として、例えば、夫の年収500万円、子供2人、貯金額500万円のケースは、3000万円の保障を想定すれば良いので、子供の成長などライフステージの変化に合わせて必要額を見直していくことが保険料節約のコツです。

もちろん、50代でも遅くはありませんし、その道に通じたプロが各世代に即したアドヴァイスをしてくれますので、気づかなかった無駄が省かれます。

 

ご自分のライフステージにあわせて保障内容を見直し、最適化しましょう。

保険料 見直し

2015年中には火災保険料(住宅)も上がることが決まり、特にマンション住まいの方は支出がかさむばかり。この際、掛け金を見直して、少しでも家計の負担を軽減したいと思いませんか?

この道のプロであるファイナンシャルプランナーが、それぞれの契約内容を『無料』で公正中立な立場でチェックし、一人一人のお客様にあったアドヴァイスをします。

「おかげで月々の支払い料が安くなった!」という喜びの声が沢山集まっています。

代表的なサイトをあげておきますね。相談はすべて無料なので、見直しのためにいくつか比べてみるのもいいかもしれません。

無料相談【保険プレミアム】

【無料】で保障のプロに相談!!

月々のお支払いを軽減 無料相談はコチラ

保険料見直し トップへ戻る